Japan Tourism by DD

日本の観光産業を応援するブログです!観光産業で働いている方も、旅行が好きなそこのあなたも、日本の観光を一緒に盛り上げませんか?

観光産業の統計情報(2020年まとめ・速報)~2020年のニュースとともに~

みなさん、こんにちは。

不定期に更新してきた観光産業の統計情報ですが、2020年の年間速報値をまとめてみました。(確報値はもっと先に出るようなのでまずは速報値で。)

年末じゃないけど、ざっくり2020年の出来事を振り返りながら数字を見てみたいと思います。

 

2020年1月~12月の統計情報

当ブログでは旅行者数、宿泊数、消費額の統計情報を取り上げています。 

統計情報イメージ画像

旅行者数

まずは旅行者数。

日本人国内延べ旅行者数(カッコ内は前年比)

宿泊日帰り
1億6,036万人(▲48.5%)1億3,141万人(▲52.3%)
2億9,177万人(▲50.3%)

最も多かった月が1月で、9月、8月、11月、2月と続きます。

 

訪日外国人数

 412万人
▲87.1%

1月と2月だけで375万人でしたので、ほとんど1月と2月に入国した人ということになります。つまり新型コロナウイルス感染症が拡大する前までということですね。

日本では入国制限を設け、世界中では渡航制限をしていますので当然の結果です。

 

宿泊数

延べ宿泊数(日本人)※2次速報

 2億8,677万人泊
▲40.3%

最も多かった月は11月です。

次に、1月、10月、2月と続きます。

1月より11月が多かったのは意外ですよね。数で見ると11月が多いという結果なんですが、比率にすると11月は2019年より少なく、1月は多いんです。

11月はもともと宿泊旅行をする人が多い時期、ということです。秋は行楽のシーズンとはよく言いますもんね。

2020年の11月の宿泊数が多かったと言っても前年ほどではないです


延べ宿泊数(外国人)

 1,803万人泊
▲84.4%

旅行者数と同様、ほとんどが1月と2月の宿泊数です。

 

消費額

日本人国内旅行消費額※速報

宿泊(前年同期比)日帰り(前年同期比)
7兆7,394億円(▲54.9%)2兆1,588億円(▲54.8%)
9兆8,982億円(▲54.9%)

最も多かった月は1月です。次に2月、8月、11月と続きます。

 

訪日外国人消費額

2020年の途中から調査は中止しています。

 

【参考にしたサイト】

訪日外客統計(報道発表資料)|統計・データ|日本政府観光局(JNTO)

宿泊旅行統計調査 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁

旅行・観光消費動向調査 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁

訪日外国人消費動向調査 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁

 

2020年の主なニュース

ではここで2020年がどんな年だったか振り返ってみたいと思います。

観光産業に影響を与えたと思われるニュースを勝手にチョイスしてみました。良いことも悪いことも入ってます。

 

1月

・中国で新型コロナウイルス感染症拡大

・日本で新型コロナウイルス感染症の発生確認

2月

・世界に新型コロナウイルス感染症が広がる

・大型イベント中止要請

・中国から日本への入国制限へ

3月

・WHO(世界保険機関)がパンデミック宣言

東京オリンピックパラリンピック延期決定

・山手線高輪ゲートウェイ駅開業

 ・JR常磐線が9年ぶりに全線運転再開

・日本入国制限の拡大

・不要不急の外出自粛要請広がる

4月

・全国で緊急事態宣言発令(8日)

・いろんな観光施設・商業施設などが臨時休業へ

・新幹線や飛行機、減便運行

・日本への入国制限さらに拡大

5月

・緊急事態宣言解除(25日)

6月

・各テーマパークなど徐々に営業再開

・「新しい旅のエチケット」策定

7月

・九州地方を中心に豪雨(令和2年7月豪雨)

・GoToトラベルキャンペーン開始(22日)※東京除外対応

8月

・首相交代が決まる

9月

・大規模イベント入場者数制限の段階的緩和

10月

・GoToトラベルキャンペーン東京も対象に(1日)

・GoToトラベルキャンペーン、地域共通クーポン開始

11月

・GoToトラベルキャンペーン、27日以降除外地域広がる

12月

・「伝統建築工匠の技」が無形文化遺産登録決定

・GoToトラベルキャンペーン全国で停止(28日)

 

本当にいろんなことがあった年でした。

ゴールデンウィークもお盆も年末年始もみんなでおとなしく過ごした年でしたね。

 

まとめると

 ふくろうイラスト

2020年の観光産業の統計情報をまとめてみると

旅行者数・宿泊数・消費額、全体として昨年の約半分

 

1年の流れとしては

1月~2月は前年並み、

4月・5月はほとんど旅行する人はおらず、

夏から秋にかけて徐々に旅行する人は戻ってきた。

だけど、12月からまた下降した。

といった感じです。

 

なかなか厳しい状況です。

 

2019年は消費額が約25兆円だった観光産業。それが9兆円ですよ。もうぼろぼろ(´;ω;`)年が明けて2021年の状況はもっと悪くなっていますが、今後状況が上向いてくれば、年間通してこれほど低い数字は2020年が最後だと信じたいものです。


これからは上がるのみ!2019年の過去最高の数字をあっという間に追い越しちゃいたいです。