Japan Tourism by DD

日本の観光産業を応援するブログです!観光産業で働いている方も、旅行が好きなそこのあなたも、日本の観光を一緒に盛り上げませんか?

鳥取旅行記③鳥取砂丘では貴重な体験ができます。

 では予告どおり

《1日目》(つづき)

 ということで鳥取砂丘での体験について書きたいと思います。

 

前回もお伝えしたとおり鳥取砂丘には様々なアクティビティがあります。

激しいものから穏やかなものまで。

体を使うものから頭を使うものまで。

 


砂丘 英語入り

 

さて、今回の旅行の目的は2つあるとお話しましたが

その1つ目がこの鳥取砂丘での体験

ラクダに乗ること」 

 

そう!ここ鳥取砂丘ではラクダに乗れるんです。

 

rakudaya.info

ここの営業時間はタクシー会社さんが調べてくださったように16時までなのですが、天気やラクダさんの体調にもよります。予約制ではないので、当日行ってそのまま乗ることができます。 

 

これが鳥取砂丘にいるラクダさん(*゚▽゚*)

f:id:donalduck2019:20200729202154j:plain

ほんとに、ラクダだ(*゚▽゚*)ホンモノ!

前足の膝を曲げて座るので、前足の膝が発達してるんですって。

ラクダの横に階段があるの見えますか?ラクダに乗るときに使う階段なんですが、その段数を見ていただくとラクダの高さがけっこうあることがわかると思います。

 

乗るとこんな感じ(・          ∀          ・)

ラクダに乗っている写真

雄大

 

ちなみに砂丘の向こうに見えているのは海。日本海です。

近そうに見えますが遠いです(^_^;)歩くとなかなか大変。景色も同じだしね。

 

これがラクダさんの足跡(^_^;)

ラクダの足跡の写真

 

ラクダに乗るときは係りの人が誘導してくれます。

 

2人で申し込んだので2人の記念写真を撮ってもらえます。

お店の人が写真を撮ってあとでちっちゃい写真をいただきました。大きな写真は(昔よくあった手法で)あとで販売してもらえるというシステムのようです。気に入ったらどうぞってことですね(^_^;)DDは自分のスマホでも撮りました。

2人で申し込んでも2人で乗るわけではなく、1人ずつ乗ります。馬みたいにパカパカ走るのではなく、ゆったりゆったり歩きます。ぐるっと一回りするだけなので乗っている時間は、そうだなー3分くらいかな。まさに「体験」。あっという間で、え、これで終わり?って思っちゃいます(^_^;)

写真とらくだ乗り体験で1人1300円。ん~、ちょっと高いかなぁ。

けど、ラクダに乗るなんて普通できることじゃないから(どっかの国に行ったらできるのかなー)、日本にいながら体験できて、貴重な体験でした

 

ちなみにDDの家族(同行者)は、目が不自由ですが、ラクダに乗ってその高さを感じたり振動を感じることはできました。たぶん砂丘そのものはぼんやりしか見えてないけど、ラクダさんに触ってもいいか聞いて触ったりしながら肌で感じてましたよ。

 

どうだったか改めて聞いてみましょう!1年前のことですが覚えているかなー

 

「ねぇ、ねぇ、去年ラクダに乗ったの楽しかった?」

「うん!楽しかった!ゆら~、ゆら~って感じでラクダさんってこうやって歩くんだーって思った(^O^)」

 

とのことです。

目が見えなくてもラクダに乗ってる!って感じることができるんですね。これこれ!オンラインではできないんだなぁ~この感じ(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*) 

 

 では、今回はこのへんでヽ(*´∀`)ノ

 

 ※この旅行記は2019年に行ったものです。

(前回までの記事)

japantourismbydd.net

 

 

japantourismbydd.net