Japan Tourism by DD

日本の観光産業を応援するブログです!観光産業で働いている方も、旅行が好きなそこのあなたも、日本の観光を一緒に盛り上げませんか?

この手があったか、需要が減ったビジネスホテルの活用方法。

みなさん、こんにちは。

出張でさえ出掛けるのが好きなDDですが、最近全然出張してないなー(+_+)会議はリモート会議ばかりで出張はほとんどなくなりました。そんな方多いのではないでしょうか?

出張が減るとビジネスホテルの未来はどうなるんだろうと宿泊施設の行く末に思いを馳せてみました。新しいターゲットを模索したり、新しい宿泊プランを考えている宿泊施設の方も多いのかな。

 

このブログでも以前

ワーケーションステイケーションど新しい宿泊の形をご紹介しましたね。

japantourismbydd.net

アフターコロナ時代の宿泊業界についても考えてみました。

japantourismbydd.net

 

今日は宿泊施設の新しい活用方法として

ビジネスホテルと英語学習のコラボ商品

をご紹介したいと思います。

 

ホテルの紹介

ご紹介するホテルは東京と大阪のホテル。

スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口

スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口(写真1)

【公式最安】スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口 - 東京都中央区八重洲のビジネスホテル

東京駅の駅前にあるスーパーホテルです。

 

スーパーホテルPremier大阪・本町

【公式最安】スーパーホテルPremier大阪・本町 ~天然温泉~ 四季彩の湯 - 大阪府大阪市西区のビジネスホテル

そして大阪は本町駅の駅前にあるスーパーホテル

 

スーパーホテルといえば

ビジネスホテルにもかかわらず天然温泉の大浴場がついているホテルとして知られています。(一部天然温泉付きではないところもあります。)

私も鳥取に行った時に泊まったなぁ。鳥取で泊まったスーパーホテル三朝温泉のお風呂でした。

japantourismbydd.net

話がずれちゃいましたね(^_^;)

話を戻して、この東京と大阪のスーパーホテルが今回コラボしたのが英語学習。

 

英語学習の紹介

業界最安値で知られているスパトレというオンライン英語スクールです。いわゆるオンライン英語学習で、予習復習など自習に力を入れている英語学習です。

 

スパトレの教材や学習内容についての紹介や口コミやほかのサイトにお任せして(検索するとたくさん出てきます。)

 

今日はそのスパトレがホテル滞在型 国内英語留学プランというのを始めたというお話です。

留学予定だったけど行けなくなってしまった、外国に行く代わりに英語の自習をしている、外国に行けなくてモチベーションが下がってしまった、そんな方擬似留学しませんか?とのことです。

どういうことかというと

先ほどご紹介した東京と大阪のスーパーホテル(今後拡大していく予定とのことです)に泊まりながら英語を勉強する

つまりホテル宿泊とオンライン英語学習をパッケージ化したわけです。

 

これを見て私はビジネスホテルの空室を埋めるのにこの手があったかと思いました。

新型コロナウイルス感染症の拡大が収まったとしても宿泊施設、中でも出張客をターゲットとしているビジネスホテルは、出張そのものが減ったら泊まる人も減るでしょ?シングルルームが多いからひとり旅の人が使う?グループ客でも部屋は別にするという人もいるだろうけど、そんなに多くないし(´・ω・`)まぁ、私みたいに宿泊費を抑えるために泊まる人もいるだろうけど、そういう人だってそんなに多くないしたいていツインルームだし、そんなに数は増やせない。

 

そんな未来が想像できる中、この「ホテル滞在型 国内英語留学プラン」は出張でも観光でもない新しい需要を作り出しているんです。空いているホテルの部屋、時代や環境が変われば今までとは違う形で売っていくということです。

 

どんなプラン?

ではこのホテル滞在型 国内英語留学プランは具体的にどんな商品なのかご紹介します。

【プログラム】

《1日目》

金曜日の夜ホテルにチェックインし、参加前に実力診断テストを受けます。その後日本人のカウンセリングを受け、教材が配られます。

《2日目》

8:00~22:30まで授業と予習復習の繰り返し。なんと授業は8コマもあります。途中昼食時間が1時間、夕食時間が1時間半あります。しかし朝から晩までずっと勉強でまるで合宿ですね(^_^;)

《3日目》

2日目同様、朝8:00から授業開始。6コマの授業と予習復習を繰り返し、最後に実力診断テストと日本人のカウンセリングを受け、19:30にプログラム終了。

※プランは2つあって、3泊4日プランは4日目(月曜日)の11:00チェックアウトとなり、それまではホテルライフを楽しむことができます。

※2泊3日プランは授業が2コマ少なく、チェックアウトは3日目の午前10:00となります。

【持ち物】

・パソコンもしくはタブレット

・筆記用具

・ヘッドセットもしくはマイク付きイヤホン

 Skypeスカイプ)を使って学習します。Wi-Fiはホテルに完備されています。

【料金】

●3泊4日プラン 14コマの授業+テスト2回日本人のカウンセリング2回 42,800円(税込)

(金曜日から月曜日のチェックアウトまで)

●2泊3日プラン 12コマの授業+テスト2回+日本人のカウンセリング2回 30,000円(税込)

(金曜日から日曜日のプログラム終了まで)

 

【料金に含まれるもの】

・宿泊代(食事はついていません)

・授業料

・教材費

 

スパトレは業界最安値と言われていて、1日1授業までのプランが月2,980円、授業数無制限プランが月4980円です。そうすると3泊4日プランで14コマ、2泊3日プランで12コマは「あれ?もしかして高い?」って思うかもしれませんが、

今までのご自身の英語学習を思い出してみてください。1日1コマずつ毎日受講しようと意気込んで申し込んだはいいけど長続きしなかったり、

休みの日に頑張ってたくさん受講したけど疲れきってそれっきりとか、

だいたいそんなもんじゃありませんか?

それに引き換えこのホテル滞在型 国内英語留学プランはホテルの自室に朝から晩まで丸2日缶詰になります。そうなったらもうやるっきゃないo(^▽^)oそんな環境もお金に含まれていると考えれば決して高くはないでしょう。

また日にもよりますが、東京のスーパーホテルはだいたい1泊あたり7,000~8,000円、大阪のスーパーホテルで1泊あたり5,000円前後するので、その宿泊代が含まれていますしね。

ちなみにこのスパトレ、通常は授業を1つずつしか予約できないらしいです。それが14コマもパッケージ化されているのも便利ですね。

 

この商品の良い点

この素敵なマリアージュ(?)じゃなくてコラボ商品の良いところを整理すると

・ホテルにとっては新しい需要の創出

・空いている部屋を使えるのはホテルの稼働率アップ

さらに

・留学に当分行けないから日本にいながら英語を勉強したい

・だけど家だと家族もいるし集中できない

・会話や発音の練習をしたいけどカフェなど公共の場を利用するわけにはいかない

・オンライン学習に興味あるけどWi-Fiが家にない

そんな人にうってつけですね。

ホテルの部屋なら防音もしっかりしてるし、Wi-Fiはあるし、シングルルームだから集中できる。

そして

・いつもと違う環境で勉強すると集中できる

ホテルの自室に缶詰ですから家族などの周りの目を気にすることもなく思いっきり勉強に打ち込めます。がっつり英語を勉強したいという人にはいいですね。一度そんな環境下に自分の身を置いて英語漬けになってるのも悪くない。

さらに今はきっと一番気をつけなきゃいけない

・「密」にもならない

 いいことづくめ。

では次にちょっと気になることなどについて。

 

ホテルへ提案

ワーケーションについて考えたときにも思いましたが、ホテルはもともと休むための部屋として設計されているはずなので、「勉強」が果たしてできるのか気になります。

まず机はこのスーパーホテルは大きめの机があるのでその点は安心。

あとは照明も気になる。ホテルの部屋の照明は間接照明や眠りやすい暖かい色が多いので、机のスタンドでもいいので蛍光灯があるといいですね。

「仕事」や「勉強」用にホテルの部屋を使おうと検討している宿泊施設の方はぜひひと工夫をよろしくお願いします。

 

今回ご紹介した商品は食事がついていないプランです。 ホテルのレストランを使うのが手っ取り早い(なんせぎちぎちのプログラムで・゜・(ノД`)・゜・食事時間もたくさんあるわけじゃない)ので、時間に合わせたセット商品があったり、近場のおすすめ食事施設をご紹介していただけると助かります。

ちなみに朝食会場ではスパトレ専用のスペースがあるらしいです。同じ日程で勉強している人がいたら交流もできるみたいですよ( ≧▽≦)b!

 

旅行が好きな方の中には

インバウンド受け入れのために英語を勉強しようと思っている方も多いと思います。いつかはインバウンド需要は戻ってきます。旅行ができなくて時間が余ってしまっている時に合宿みたいに英語を勉強するのもいいかもしれませんね。

【スパトレ】ホテル滞在型 国内英語留学プラン ◆お申込みフォーム◆

 

さいごに

リモート会議やオンラインセミナーが増えた昨今ですが、リアルで会議をしたほうが臨場感があって伝わってくる熱量は大きい。だからちゃんと顔を突き合わせて会議をしたいという人もいるでしょう。お願いしたいこと、喝を入れたいことはオンラインじゃなく直接面と向かって伝えたほうが伝わる。私もどっちかといえばそっち派です(^_^;)オンラインだと話していてもどうしてものれんに腕押し感があるんですよねー。おーい、聞いてる?みたいな(^_^;)

それでもリモートやオンラインはやっぱり便利。企業なら交通費などの旅費もかからないしね。交通機関にとってはイタイ(>_<))

だからいわゆるアフターコロナの時代になったら、オンラインでもいいことリアルがいいことを選別するようになるんじゃないかな。大事な会議と簡単な打ち合わせ、交渉案件と簡単な挨拶とか。これはオンラインでこれは直接出向いて…って。

だとするとやっぱり出張需要は前ほどは戻ってこないと思うᔪ(°ᐤ°)ᔭᐤᑋᑊ̣

 

そこで困るのが観光産業。出張も移動して違う土地に行って出張のお土産なんて買っちゃったりして、大きな意味で観光産業需要のひとつだと思うんですよね。

リモートワークやワーケーションなど環境が変われば新しい需要がある。今の状況を嘆くだけじゃなくて、ホテルの設備を使って新しいターゲットを考え、新しい商品を作る、ホテル設備の新しい活用方考えてみませんか?もはや需要は自ら作るもの。英語を勉強してる人だってまさか近場のホテルで缶詰になって勉強しようなんて思ってもみなかったでしょ?だからそうやってこっちから新しい需要作っちゃいましょう。

 

最後になりましたが、今日ご紹介したホテル滞在型国内英語留学プランですが、東京のホテルがコロナ禍でも頑張ってるっていう話の番組で紹介されたらしく

これがなかなかおもしろかったので、ぜひ皆さんに共有したいと思います。(英語ですがインタビューされてるホテルの人などは日本語なのでぜひ)

本当にみんな頑張ってるから、なんか泣けるし元気が出ます。

www3.nhk.or.jp