Japan Tourism by DD

日本の観光産業を応援するブログです!観光産業で働いている方も、旅行が好きなそこのあなたも、日本の観光を一緒に盛り上げませんか?

熱海旅行記④(インスタ映え)

 熱海で行った

アカオハーブ&ローズガーデンにについて感じたことを記します。

 

ちなみにこんなところです。

アカオハーブ&ローズガーデン|アカオリゾート 熱海ホテルニューアカオ

 

そもそも私が行った動機は

以前も書いた隈研吾さん設計のカフェに行ってみたかったから。

以前の記事

japantourism.hatenablog.com

 

一番の印象は若い人が多い!

確かに東京からも近いし

ちょっとデートを兼ねたドライブをするのにはいいのかもしれない。

しかしバラの季節でもないし

そもそも若者はそんなに花に興味あったっけ??

 

園内を散策しているうちに

その理由が分かりました。

f:id:donalduck2019:20190929133136j:plain

  • 1枚目:大きな松の盆栽
  • 2枚目:海が一望できる2人用写真スポット(サイトのような写真が撮れる)
  • 3枚目:『COEDA HOUSE』の外。

      ウッドデッキに腰掛けて外を眺めながらハーブティなどいかがでしょうか。

      水平線が綺麗に一望でき、とってもゆったりとした気持ちになれます。

こんな感じでいわゆるインスタ映えスポットがたくさんある!

それは自然にできたものではなく

写真を撮ると画になるように作られたスポット。

賛否両論ありそうですね。

 

ここまであからさまに

インスタ映えスポットです!!みんな来て!

というのは正直どうかな、と思いました。

 

ただこれも企業努力ですね。

こうやって集客して

現にお客さんたくさん来てましたから。

成功していると言えるでしょう。

 

次に園内は階段が多かった!しかも歩きにくい階段。

はじめに園内バスで一番奥まで行って

そこから12のテーマの庭園をめぐりながら

入口まで戻ってきます。

庭園と庭園の間は道路の部分もあり

そこで戻りのバスをタクシーのように捕まえれば乗ることもできます。

ちょうどよくバスが来ればいいけど

いつ来るかわからないバスを待つなら・・・

と庭園と庭園を歩いているうちに入口に戻ってきてしまいます。

 

階段には手すりも要所要所ありますが

植物が巻きついているところもあり

前回と前々回の記事でも書きましたように目が不自由な同行者にとっては歩きにくいものでした。

通路に草花が伸びている箇所もあり

目が見えないと足の感覚で歩くので

草花を誤って踏んでしまいそうでそういう意味でも歩く道を選ばなくてはなりませんでした。

(これは草花が生い茂っているという演出なのか

 整備が行き届いていないのかどちらかはわかりませんが)

綺麗な花をゆったりと自分たちのペースで眺められるのは良かったです。

12も庭園があるので

・階段が少ない、急ではない庭園

・歩きやすい庭園

が事前にわかるともっと快適に観光できたでしょう。

 

前述したように

インスタ映えに力を入れているようなので

どう見えるか、どう見せるかが大事なわけで

見えない人が来るということは想定していないのかもしれませんね。

 

ハーブやバラは香りに特徴があるので

もっといろんな人が楽しめると思います。

 

高齢の方もベビーカーの方もゆったりと楽しめる施設になるといいですね。

 

では、本日はこのへんで。