Japan Tourism by DD

日本の観光産業を応援するブログです!観光産業で働いている方も、旅行が好きなそこのあなたも、日本の観光を一緒に盛り上げませんか?

おうち時間を有意義にしよう!〜おうちで旅行気分(買い物編)~

 おうち時間が増える今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。


いわゆる旅行ブログを書いている皆さんも旅行を煽るわけにもいかず、過去の旅行記を書いたり昔の写真を載せたりと工夫していらっしゃいますね。

DDは、家にいながら旅行気分を味わいたいと思い、各地のお土産を探してみたところこれが意外に楽しかったので、本日は当ブログで

最近紹介した地域の、おすすめのおみやげ

をご紹介したいと思います。

ぜひ、おうちで旅行気分を味わってみてください。

(ただし、過度な買い物はお控えください。発送元や物流の方々のことも考え、節度のある行動をしましょう。)

 

f:id:donalduck2019:20200420135221j:plain

  お題「#おうち時間

 

では、さっそく。

高知県の記事】 

japantourism.hatenablog.com

 

japantourism.hatenablog.com

 

japantourism.hatenablog.com

 

高知県のおみやげ】

高知といえば皆さんご存知ミレービスケット

 


ミレービスケット まじめミレー(塩入)130g 【5袋セット】

 

ミレービスケット大好きです。絶妙な塩加減がたまらない。

 

そして、こんなのもあるんですね。


野村 のむら ミレービスケット 12点セット(バラエティーセット)4連ミレー 人気のおやつ!送料無料(北海道・沖縄の方は送料500円となります)

これはまさに大人買い(^_^;)憧れますねヽ(・∀・)ノ

 

防災用に便利そうなこういうのもあります。


野村煎豆加工店 保存用 ミレービスケット

乾パンは味がしなくて苦手・・・という方におすすめ!

 

またおかず系のおみやででおすすめはこれ!やはり高知といえばかつおでしょう!

shopping.jtb.co.jp

DDも友人にお土産として渡したらとても喜んでもらえましたヽ(´▽`)/その友人はもったいなくて食べられなーいって(^_^;)いや、食べてください(*゚▽゚*)

 

もちろん自分用にも購入♪

おかずにもおつまみにもなるし、真空パックになってるから日持ちもするので便利。確か冷蔵庫にまだあったはず。今晩のおかずにしようかな(・∀・)ニヤニヤ

 

かつおでもう一つ!あまりの人気で一時期品薄になっていたこれ!


土佐の赤かつお めし友グランプリ優勝!

これはご飯のお供にぴったり♪

ですが、ご飯のお供だけでなく、サラダにのせたり、豆腐にのせたりいろいろ楽しめます。ニンニクが効いているのでパスタやクラッカーにのせてもおいしそうですね。

DDは実家にお土産で買って帰ったら、また欲しいと催促されました(^_^;)

 

期間限定でこんなのもあります。 


土佐の赤かつお 梅味

これもおいしそうですね!おにぎりの具にもなりそうo(@^◇^@)o

 

(お取り寄せおすすめサイト)

www.47club.jp

 

高知のお土産(JTBショッピング)

青森県の記事】 

japantourism.hatenablog.com

 

青森県のおみやげ】

青森といえばやっぱりりんごですね。

 

このおみやげはロングセラー商品。

shopping.jtb.co.jp

見た目もかわいいし、贅沢な気分にもなるし、おいしいし。今ならおうち時間を楽しくするのにもってこい! 

 

りんごつながりでりんごジュースのおすすめはこちら

 


青森りんご ふじ 280ml 24本入 | 送料無料 JAアオレン りんごジュース ストレート ジュース 無添加 ペットボトル りんご リンゴジュース ストレートジュース 飲み物 ケース アップルジュース ドリンク セット 内祝い お返し 母の日 ギフト プレゼント 果汁100%

 おいしいし、このサイズ感が飲みきりサイズでGood!

 

(お取り寄せおすすめサイト)

www.47club.jp

 

青森のお土産(JTBショッピング)

 

 ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

ご当地ものをいろいろ見ていると楽しくなってきました。少しでも旅行気分を味わえた気がします。早く本当の旅行に出かけて、その地域のものを自由に食べたり飲んだりできる日が来ることを切に願うばかりです。

 

~~~~~~~~~

さて、緊急事態宣言下において通信販売は注文してもいいのか。冒頭でも節度ある購入にしましょうとお伝えしましたが、こんな記事を見つけました。

togetter.com

実に難しい問題だなぁと思いました。

テレワークの仕組みができている企業とそうでない企業、企業が営業している以上どこかで誰かが外出を余儀なくされる企業。急にウイルスにテレワークにしろ!と言われたようなものですから、制度も設備も追いつけていない人や企業は多い。

観光産業としては、お客様が来る・売上があるといことは嬉しいけど、不要不急の業界とされる上に、外出・移動を自粛するように言われている状況下においては微妙な気持ちになります。でも、収入的にも資金的にも大変厳しい状況ですので、わずかな売上でも嬉しいは嬉しいんです。これで少し生きていけるって思うんです。だから、この売上はきっと不要不急だった人の売上だろうと考えようとするんです。本当のところはわからないけど。

一方、観光客用のお土産が大量に余っているという話も聞きます。そういうものを買うことによって観光地を応援できるのはいいですね!

ということを考えながら、この記事を公開してもいいものか迷いしばらく下書き保存のままでした。けど、応援にもなるのなら、自分の手にものが届くまでに介在する人がいる、そのことを忘れずに行動すれば、そして少しでも経済を回しておきたいという思いから公開することにしました。

みなさんもぜひいろいろ考えながら行動して頂ければと思います。